助産院 出産 舌癒着症

助産院出産体験記〜舌癒着症手術まで〜 > 産院選びの基準 > いざ!助産院見学へ!助産院は文字どおり「アットホーム」だった話

いざ!助産院見学へ!助産院は文字どおり「アットホーム」だった話

2017年02月13日(月)

「助産院に見学って何するんだろう??」

「見学に来てください」

と言われたから行くけれど、

当人のひつじは、一体何しに行くのか

全くわかっていませんでした。

助産院出産、自宅出産とはどういうことか

その時のひつじは全くわかっていなかったのです。

ただ、産む場所が病院ではなく
助産院とか、自宅になるだけ。
何か問題が発生したら病院搬送。

そう思っていました。

あとあとわかったことですが

助産院出産や自宅出産は、
いわゆる「自然出産」と言われる部類に入るようです。

自然出産に関しては色々な意見や方法、概念がありますが

ひつじは勘違いしていました。

知らなかったのです。
自然出産≠自然分娩だということを。

なので、実際助産院に見学に行って、
自然出産を希望されるんですよね?

と言われてもまだピンと来ていない自分がいました。

「自然出産のなんたるや」についてはまた別記事で書きたいと思いますが
こちらのサイトで簡潔にわかりやすく概要が説明されています。
参考→日浅産婦人科医院ホームページ

また、以下は参考資料です。


「自然出産の本」というと何の介助も無しに
本当に自分一人で家で産む!ことを勧めている本と思われがちですが
この本は相対的に「自然出産とはなんぞや」がよく書かれています。
単純に出産に対する選択肢が増えるのでご参考までに。

さて、母に付き添ってもらい助産院にやって来たひつじ。

見た目はまるで普通の自宅のようなお家で

少しびっくりしたのを覚えています。

院長と、スタッフの助産師さんが2人で対応してくれました。

そこで以下の説明がありました。

*検診・診察は完全予約制であること
*東京都の妊婦健診補助券は使えないが、領収書を持って申請すれば返金があること
*ある自宅出産の実際の写真アルバムを見せてもらい説明される
*提携している病院の説明
*助産院で出産できないケースについての説明
*出産費用の説明


その上で、逆にこう質問されました。

「ひつじさんの歳で、初産で、
助産院や自宅出産、いわゆる自然出産を選ばれる方は珍しいです。
なぜ、自然出産をされたいんですか?
どなたかお知り合いにいらっしゃるんですか?」


そう質問されて
ひつじは自分でもなぜかわからなかった部分が
逆に答えながら整理されていきました。

・親しい友人が自宅出産したこと(Mちゃん)
・病院での分娩台の上での出産に何と無く違和感を感じること
・会陰切開をしたくないこと
・夫婦で立ち会いたいこと


助産院の助産師さんと院長はそれに一つ一つ答えてくれました。

特に
・会陰切開をしたくない

については、助産院や自宅で自然お産をすればしないですみますか?

と聞いたところ

「私たちは医者じゃないので逆に会陰切開をすることができないんですよ。
しなくても済むように、精一杯介助します。
絶対はありませんが、今までの実績でいうと
みなさん裂傷されたりせずに出産されていますよ。」


ということでした。

また、こちらの助産院では、出産後の産褥期のケアが充実しており
出産後退院するまでは歩かせない
というのを徹底しているとのことでした。

それについてはまた詳細を書きますが、
母がその取り組みにとても感嘆し、
助産院を出た後には

「ここの助産院の院長ならいいと思う」

と、自然出産に対しての不安を拭えたようでした。

ひつじ自身も

行く前までは何しに行くのか?と思っていたくせに

「見れてよかった、話を聞けてよかった」

と思うほど安心感を持つことができました。

普通の病院なら、「見学してください」なんて無しに
電話一本での分娩予約だけだっただろうな、と思います。

ですが実際に行ってみて、会って話を聞くだけで
人はこんなに安心できるものなのか
と、不思議な気持ちになったと同時に、
見学に来ることの大事さがわかりました。

しかも、助産院がとてもアットホームで清潔感があり、
リラックスできる場所だったので

「自宅でなくても、この助産院で産むのもいいかもしれない」

とも、思い始めました。

その日は
「主人に相談しましてまたご連絡します」
と助産院を出ましたが

母にも「良いのでは?」と言ってもらえ、
私の心の中ではほぼ決まっていました。

そしてその日のうちに
帰宅したひつじの旦那さんに報告し、
見学に行ったS助産院にお世話になることにしました。

早速電話すると
助「かしこまりました。3月まで一緒に頑張りましょうね。
自宅での出産を希望されるんですよね?」

ひ「あ、実は迷っています。助産院にするかもしれないです。
途中で変えても大丈夫ですか?」

助「大丈夫ですよ(^^)では取り急ぎ、提携の病院で検査を受けてくださいね」

ひ「はい!かしこまりました。よろしくお願いします!」

こうして、

ひつじは自然出産@助産院に向けて歩み始めたのでした。

そして自然出産とはなんたるかを

徐々に感じ取ってゆくのです...

続く...

応援クリックお願いします!

妊娠・出産 ブログランキングへ
にほんブログ村 マタニティーブログ 自宅出産・助産院出産へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

管理者にだけ表示を許可する