助産院 出産 舌癒着症

助産院出産体験記〜舌癒着症手術まで〜 > 産院選びの基準 > 助産院出産をしようと思った決め手ー産科医療補償制度って大事ー

助産院出産をしようと思った決め手ー産科医療補償制度って大事ー

2017年02月14日(火)

助産院を探して
決めるところまでを綴ってきました。

脈絡なく時系列で綴ってしまったので

助産院決定の決め手と
その時のひつじの考えをまとめてみます。

*助産院(自然)出産にたどり着いた理由

・分娩台での作業的な出産に違和感があったから
・どの病院にしても違いがわからなかったが、助産院にはスペシャル感があったから
・旦那さんと一緒に赤ちゃんを迎えてあげたいと思ったから
・会陰切開をしたくなかったから


以上です。

単純だと思いますか?

でも、初めての我が子が

初めてこの世に出てくるのだから

こだわりたい、と思ったんです。

*不安だったこと
・漠然とした安全性への疑問
・費用


この項目は助産院見学に行き
直接話を伺えたことで解消しました。

安全性に関しては
突き詰めれば病院だって絶対じゃないのです。
もちろん、何か起こるかもしれない。

でも、何か起こる可能性は

病院で産むことにした方が高いな

と、後々感じました。

それについてはまた後述しますね。

費用は、

私が選んだ助産院が
全て後々自分で申請しないと返ってこない産院だったので
とりあえず出て行くものは多いです。

なので、ある程度の蓄えは必要でしょう。

ですが産院によっては補助券がそのまま使えたり
出産育児一時金直接支払制度が使える産院もあるそうなので
調べてみてください(^ ^)

出産育児一時金については→こちら

*最終的な助産院の決め手

・助産院のお部屋、建物の雰囲気っとスタッフの対応
・安全性に関してのきちっとした説明
・提携病院がしっかりしていること
・産科医療補償制度に加入していること→※
・お産がイメージできたこと
・母と主人が同意してくれたこと
・会陰切開を回避できそうだったこと


ひつじ、どんだけ会陰切開にビビってるんだ!(笑)

でも、出産経験のある友人に聞くと
「会陰切開が一番痛かったし、後々歩くのも辛かったー」

という人が多かったので、
本当に怖かったのです。

一つ、助産院選びのポイントとして
絶対に確認していただきたいのが

※産科医療補償制度に加入しているかどうか

です。

産科医療補償制度とは
お産の時になんらかの理由で赤ちゃんに重度脳性麻痺などの障害が残ってしまった場合
経済的負担を支援してくれる補償制度で、
分娩機関がこの制度に加入していないと補償されません。

また、加入している分娩機関は
なぜそのようになってしまったのかという理由を解明する義務もあるので

産科医療補償制度に加入していることは
お産に対する覚悟や責任感の意思表示でもある
、とひつじは思います。

助産院を選択するなら
この制度に加入していることは絶対条件だと、個人的に思います。

産科医療補償制度の詳細については→こちら
またはこちらの動画もわかりやすいです(^ ^)


また、これだけでは直接的な決め手には
ならなかったかもしれませんが、
精神的には母や、主人の同意も大きかったです。

お産は周囲の協力があるに越したことはありません。

助けてくれる人たちが

同じ方向を見てくれて、首を縦に振ってくれることは

とても心強いものです。


さて、ひつじの場合の
助産院選択の決め手のお話でした。

結果、

会陰切開も裂傷もせず、
事故もなく
母子ともに健康で出産できました。

参考になれば幸いです(^ ^)

応援クリックお願いします!

妊娠・出産 ブログランキングへ
にほんブログ村 マタニティーブログ 自宅出産・助産院出産へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

なるほど by ちゃんび

ひつじさん
こんにちは!

産科医療補償制度

なんとなぁく書いていたけど、
なるほど・・・・って思いました。

2017/02/15(水) 14:36:58

Re: なるほど by ひつじ

> ちゃんびさん

こんばんは!コメントありがとうございます!

そうなんです、実際に利用するかどうかは別として、
加入しているかしていないかでその産院の覚悟が違うと思いますm(._.)m
安全を保障するものではないんですけどね^^;

2017/02/16(木) 00:00:09
管理者にだけ表示を許可する